特集

ホームページを自分で作るメリットとデメリット(後編)

みなさん、こんにちは!ホームページラボのクリックです。
ホームページを自分で作るメリットとデメリット(前編)に引き続き、後編となる今回は、主に自作のデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1 どうしても自作っぽさが出てしまう

なんといっても分かりやすいデメリットは「自作っぽさが出てしまう」という点です。いかにホームページ作成サービスが進化しているとはいえ、そこはやはりプロが作ったものとは違います。
それは全体のデザインであったり、文章の質であったり、細かいパーツであったりしますが、バランスよく整ったホームページを作ることは意外と難しいものです。

一生懸命作ったホームページも、いかにも素人が作ったと分かるクオリティになってしまっては、効果的に成果を挙げられないことも多いのが実状です。

制作会社によってはリニューアルや部分的な制作に対応している会社もありますので、まずは自分で作って最終的な仕上げをプロに頼む、というのも一つの手段かもしれません。

デメリット2 皆同じような見た目になってしまう

これは選ぶ作成サービスにもよりますが、ほとんどのサービスがデザインをテンプレートから選ぶ仕組みになっているかと思います。

例えばJimdoであれば40種類近くの豊富なテンプレートが用意されていますが、(参照:オシャレでカッコイイJimdoの全テンプレート一覧【保存版】)Jimdoの利用者が国内で100万ユーザいるとして、その中の大多数の利用者がこの40種類のテンプレートのいずれかを使用することになります。つまり単純に計算すれば、100万÷40=25000のユーザーが同じテンプレートを使用している可能性があるということです。(もちろん単純計算なのでこの通りではないかと思いますが)

そういったことを考えると、制作会社に依頼したオリジナルのホームページに比べて差別化がしにくい、という問題が出てきます。
これだけ情報が溢れる中で独自色を出しにくいことは、自作ホームページのデメリットと言えるかもしれません。

デメリット3 問い合わせに繋がる仕掛けが難しい

computer-1209641_12803つ目、これが最大のデメリットですが、問い合わせに繋がる仕掛けが難しいという点があります。

代表的なのがSEO(検索エンジン対策)です。SEOとはGoogleなどの検索で上位に表示されるためのさまざまな仕掛けのことを言いますが、これはなかなか一朝一夕にできるものではなく、業種によってはこれができないと全く問い合わせにつながらない、というケースも多いです。その点、プロの作るホームページはこのSEOについてもしっかり考えられていますので、検索において有利です。

SEO以外にも、問い合わせに誘導する文章の書き方や、ボタンの配置、配色など、実際に成果を上げるうえで考えることは多いものですが、こういったノウハウが詰め込まれたホームページと、自作のホームページとでは得られる成果が異なります。

ホームページは成果を得られてこそ有益なものとなりますので、それに対してどの程度の施策がされているのかが、自作とプロに依頼するのとのもっとも大きな違いとなるのではないでしょうか。


以上、2回にわたって自作ホームページのメリットとデメリットを見てきました。自作をするのもプロに依頼するのもそれぞれ一長一短はありますが、皆さまがホームページを活用する上での参考としていただければと思います。

ホームページを自分で作るメリットとデメリット(前編)

みなさん、こんにちは!ホームページラボのクリックです。
当サイトでも紹介している通り、優れた作成サービスのおかげで、今やホームページは誰でも簡単に作れるようになりました。

今日は少し趣向を変えて、ホームページを自分で作ることのメリットとデメリット、Web制作会社に頼むのとどう違うの?という部分を掘り下げてみます。これからホームページを作りたい!という方の参考になれば幸いです。

メリット1 スピード感のある運用

まず最大のメリットは、いつでも自分で更新ができることによるスピード感のある運用です。

制作会社に依頼して作成したホームページの場合、更新したい内容があってもその都度制作会社に依頼しなければいけません。即時対応してくれる会社もありますが、基本的には少し時間がかかることが多く、また費用もかかりますので、心理的に更新が億劫になってしまうこともあるでしょう。

その点、自分で制作したサイトであれば、いつでも思いついた時に更新ができますので、常に新鮮な情報をホームページに掲載することができます。ホームページの運用において、「情報が新鮮」であることはとても大切な要素なので、そういった意味で自作のホームページは非常に優れているといえるでしょう。

メリット2 少ないコストで始められる

これに関してはあまり説明は必要ないかもしれません。多くの方がホームページを自作する最大の動機は、やはり費用面ではないでしょうか。通常、制作会社にホームページ制作を依頼すると、最低でも数十万円、大規模なサイトであれば100万円を越える費用がかかることも珍しくありません。

その点、自作のホームページであれば月に数百円から始めることができるため、制作会社に比べて遥かに少ないコストでホームページを持つことができます。中小規模の事業や起業直後などにおいては、このメリットは非常に大きいといえるでしょう。

メリット3 時代の変化に自動で追随してくれる

texting-1490691_1280これは選択する作成サービスにもよりますが、例えばJimdoやWixの場合、時代の変化に合わせてどんどん新しい機能が追加されています。

例えばスマートフォン対応。制作会社で作成したホームページは、作成時にスマートフォン対応で別料金がかかることが多く、制作時点では「まぁ必要ないか」と思ってスマートフォン対応をしなかったとします。

ところが今やスマートフォンからの閲覧数はPCからの閲覧数を超える時代となっており、スマートフォンユーザーを無視することができません。

こういった時に、制作会社にスマートフォン対応を依頼すると、高額の費用がかかったり、そもそもスマートフォン対応ができない、という制作会社も中にはあります。その点、JimdoやWixであれば、サービス側が対策をしてくれているので、自動でスマートフォンに対応したホームページが生成されます。

このように、時代の変化に合わせた機能をどんどん追加していってくれることも、ホームページ作成サービスを選ぶ大きなメリットとなるでしょう。


このように、ホームページを自分で作ることは費用面だけでなく、数多くのメリットがあります。

ホームページを自分で作るメリットとデメリット(後編)では、見逃せないデメリットについても考えていきます。

ハンドメイド製品をネットで販売しよう!主要ハンドメイドマーケット4選(ミンネ、Creema、Etsy、tetote)

こんにちは、ホームページラボのドラッグです。

手作りで作ったハンドメイド商品をどうやって販売しようかお困りではないですか?

ひと昔前だとハンドメイド品は、実店舗やフリマで販売するのが主流でした。

実店舗やフリマは直接作品を見てもらえますし、直接興味があるお客様と説明を交えて話すことができるのでハンドメイドには向いている販売方法です。しかし、店舗を構えたり、フリマに毎回出店するのは移動も含め結構大変です。

そこでヤフオクなどの中古品のオークションサイトで販売をする人が増えてきましたが、ヤフオクは中古品やブランド品は比較的売れるのですが、ハンドメイド品に興味がある人の訪問数が圧倒的に少なく、ハンドメイド商品のように定価のないものはお得感が伝わりずらく、出品しても販売には繋がりにくいという現状です。

・品質も高く、希少性の高い、ハンドメイド品なら少し高くても購入したい購入者側のニーズ
・オンライン上で効率よく興味のある人にハンドメイド品の魅力をしっかりと伝えることができるメディアが欲しいという販売者側のニーズ

この両者のニーズを掛け合わせたのがハンドメイドマーケットです。

ハンドメイド品に興味がある人だけを集めたハンドメイドマーケットの台頭

ブランド品でもなく、品質保証がなくても、世界に一つだけの心の籠ったハンドメイド品が好きな人は沢山います。
オンラインでハンドメイド商品を販売するには、ハンドメイド品の良さを理解した人々に販売していけば良いのです。

Etsy(エッツィー)という世界中にハンドメイド品を販売できるサービスが爆発的にヒットをしたことを皮切りに、日本でも様々なハンドメイドマーケットが登場しました。

数あるサービスの中から、厳選した3サービスをご紹介します。

オススメハンドメイドマーケット3選

ネットショップと違い、ハンドメイドマーケットは複数に掲載しても手間はそこまでかかりません。
販路拡大につながるので、複数登録してみるのも良いかもしれません。

日本最大級のハンドメイドマーケットminne(ミンネ)

minneのWebサイト

minneのWebサイト


minne(ミンネ)は、ムームードメインやカラーミーショップを運営するGMOペパボの運営する日本最大級のハンドメイドマーケットです。
最近ではCMでもおなじみのサービスですね。

現在、10万名以上のクリエイター、190万点以上のハンドメイド作品が掲載されています。

販売手数料:商品金額の10%

minneのページを見る

Creema(クリーマ)

CreemaのWebサイト

CreemaのWebサイト


minne同様、雑貨や洋服などのハンドメイド品が販売できるハンドメイドマーケットです。

販売手数料:商品金額の8~10%

Creemaのページを見る

日本を超えて世界に販売するならEtsy(エッツィー)

EtsyのWebサイト

EtsyのWebサイト


Etsyはニューヨークに拠点を置く、世界最大のハンドメイドマーケットです。
世界中のクリエイターの商品を販売することもできますし、販売も出来ます。
ハンドメイドにとどまらず、海外のビンテージ品も販売されており、見ているだけでも楽しい作りになっています。

出品手数料:1商品$0.2
販売手数料:商品金額の3.5%

Etsyのページを見る

tetote

tetoteのHP

tetoteのHP


Minneと同じくGMOグループの運営するハンドメイドマーケット

Tetoteのページを見る

飲食店オーナーが知っておくべきホームページ作成のポイント

こんにちは!ホームページラボのドラッグです。

飲食店を開業すると店舗の看板や名刺と同じようにホームページで集客しよう!と考えられる方が多いのではないでしょうか?

ホームページを作ろうと思うと…
「専門的な知識がなくてもホームページは持てるのだろうか」
「プロにお願いすると制作料金はいくらくらいかかるんだろう?効果は変わるのかな?」
「ホームページにどんな内容を掲載すれば良いのだろうか」
などなど、色々始める前から気になることが多いのではないでしょうか?

今回はこれからホームページを作る飲食店の方に向けて、ホームページを作成する上で抑えておくべきポイント、専門的な知識がなくてもホームページが作れるサービスの紹介など飲食店の方がホームページを持つ上で抑えておくべきポイントを余すことなくご紹介していきます。

これからホームページを作る方はぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む