知らないと損をする独自ドメインの役割!?ビジネスオーナーが知っておくべき独自ドメインのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、ホームページラボのドラッグです。

ホームページをこれから立ち上げる方、無料ホームページサービスを利用されている方によく聞かれる「独自ドメインって効果あるの?」という話を今回はしたいと思います。

そもそも独自ドメインとは?

独自ドメインとは、ホームページのURL(ホームページラボで言う”page-lab.com”の部分)の事をいいます。
インターネット上の自分住所の役割を持ち、どこからでもそのドメイン名を入力すればホームページにアクセスすることができ、一度取得すると所有権を持つことができます。

独自ドメインと無料ドメインの違い

ホームページラボでもよく紹介するJimdoWixのようなホームページ作成サービスが無料でサービスを提供しておりますが、両社の無料サービスでは●●.jimdo.com、●●wix.comのように既にサービス提供企業が所有しているドメインのサブドメインと呼ばれるドメイン保有者から何個も発行ができるドメインを利用してサービスのユーザーに無料で提供しています。

この場合のサブドメインを利用する限り、ドメインの所有者はあくまでもサービス・プロバイダーとなり、自身で保有することはできません。

独自ドメインのメリット

企業の信頼性がアップする

独自ドメインの最大のメリットはあなたのお客様に対する信頼度のアップです。
法人企業のホームページを見れば一目瞭然ですが、どの会社も独自ドメインでホームページを運用しています。

日立製作所のホームページ
http://www.hitachi.co.jp/

パナソニックのホームページ
http://panasonic.jp/

大手企業はもちろんのこと、あなたの地元の中小企業や店舗でもある程度しっかりした会社はホームページアドレスに自社の社名やサービス名に沿った独自ドメインを持っているはずです。

ホームページを”持つだけ”でしたら、サブドメインでも全く問題はありませんが、無料サービスのドメインということは知る人にはすぐにわかることです。人によっては「この人、ホームページのドメインにもお金をかけられないのか」と思われることもあります。

独自ドメインの取得に必要なお金は年額たったの1000円ほど、この金額でリスクを減らすことができるのであれば払ってしまった方が良いです。そのくらいは投資と考え本業ですぐに回収してしまえば良いのです。

ドメイン名と同じメールアドレスを取得できる

無料ドメインを利用するとホームページアドレスは提供してもらえますが、メールアドレスは取得できないため

ホームページURL:example.wix.com
メールアドレス:example@yahoo.co.jp

のようにドメインとメールアドレスのドメイン部分が統一性がなくなります。
その点、独自ドメインを取得すると

ホームページURL:example.com
メールアドレス:yamada@example.com

のようにドメインに合わせてメールアドレスも取得でき会社としての統一感がでてきます。

ホームページの運営サービスが変わってもドメインはずっと変わらない

ホームページは常に進化していきます。
ついこないだまでスマホでホームページを閲覧することなんてなかったのに、今ではサイトによってはアクセスのほぼ大半がスマホなんていうケースもあります。

それに伴い、もともと使いやすいと思っていたホームページを更新していくためのサービスも時とともに古くなっていくわけです。その時、サービス側の提供するサブドメインで宣伝をしていたのならば。。。
ドメインはそうやすやすと変えられないですよね。

ただ、ドメインさえ取得しておけば時代の変化に伴ってホームページ更新サービスを乗り換えていけば良いのです。
その際にはドメインも一緒に引っ越しをするためせっかくのユーザーを話す必要はありません。

取得できる独自ドメインの種類

さぁ、実際にドメインを取得しようとムームードメインなどのドメイン取得サービスなどで取得できるドメインを探してみると「.co.jp」「.com」の有名なものから「.co」「.blue」などの見慣れないものまでが出てきます。

それぞれ役割や取得できる要件などがありますので紹介していきます。

  • 日本の法人のみ取得可能なco.jp
  • 日本国内で登記し、1社1ドメインのみ取得可能で上場企業では97%の利用率を持つ法人で最も信頼されているドメインです。
    取得には登記簿の提出など要件が高くかつ、ドメイン料金は2000円ほどかかり、他のドメインよりも割高ですが法人でしっかりホームページを運営していきたいという方にはオススメのドメインです。

    【対象】
    株式会社、合同会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、特定目的会社など法人

  • 世界で最も取得者の多い.com
  • .comは誰もが知っている最も有名なドメインです。ドメインとしてわかりやすい一方、既にあらゆる名前で申請されているため希望のドメインが取りにくいというデメリットがあります。

  • 種類が豊富.co,.uk,tvなどの国名ドメイン
  • これらのドメインはjpと同じように国で発行するドメインです。
    .coはコロンビア、tvはツバル諸島など各国のアルファベットを取ってドメイン名にしています。

    国名ドメインマップ(引用元:https://jprs.jp/related-info/about/type/)

  • 団体、組織にor.jp
  • 財団法人などの組織(organization)の略で作られたドメインがor.jpです。
    取得自体は誰でもできますが財団法人や医療法人の目的で作られたドメインです。
    【対象】
    財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、 特定非営利活動法人、独立行政法人、 農業協同組合、生活協同組合、企業組合などの組織

ドメインはどこで取得する?ドメイン取得サービス一覧

ドメイン取得の老舗お名前.com

ドメインを取得する際に最も知名度&実績が高いのがお名前.comです。



ムームードメイン

また、お名前.comと同じGMOインターネットグループが運営しているのがムームードメインです。
これまでのドメイン登録数372万ドメインと国内トップクラスのドメイン発行数を誇ります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Facebook、Twitterで最新情報を配信しています。