ホームページは簡単に作れるようになったけど、ホームページ内のバナーやイメージ画像がなかなか思うように作れないという人は多いのではないでしょうか?

今回紹介するCanva(キャンヴァ)はそんな非デザイナーの人でもオンライン上で簡単に画像の作成&編集ができてしまうサービスです。

Canvaのトップページ

Canvaとは?

Canvaとはオーストラリア発の画像作成に特化したグラフィック作成サービスです。
画像なら名刺でもプレゼン資料でも、Facebookカバー写真でも、メニューでもチラシでもなんでもOK。サイズを指定して写真や文字を入れていけばアッという間にプロ級のデザイン画像が出来上がります。

Canvaは2013年よりサービスを提供していましたが、2017年5月にホームページ作成サービスのJimdoを提供するKDDIウェブコミュニケーションズとの協業で日本での展開を開始。日本語フォントも充実しており、なんとモリサワフォントが利用できます!

具体的に何が作れるの?

下記の画像を見れば一目瞭然ですが、Facebookカバーからポスター、ブログ用のちょっとしたグラフィック、お店のメニュー、卒業証書まで大体なんでもデザインができます。
自分のPC内の写真はもちろんのこと、無料〜1枚数百円の画像購入もでき、全部で数万点の写真やイラストを画像作成に利用することができます。

利用料金は?

Canvaの利用料金は基本的には無料でサービスを提供していますが、
Canva内で無料以外の有料画像を購入する際に$1〜のお金を支払って利用する形になります。

いづれにせよ数百円で利用することができるため格安です。
また、月額の$9.95(年間契約時の料金)の有料プランもあり、作成した画像のリサイズや有料画像を追加料金なしに利用できる点が特典として付いてきます。

Canvaの登録、利用方法

まずCanva.comを開くと、アカウント登録を要求されます。
FacebookやGoogleのアカウントで登録が可能ですので、どちらかを持っている方は利用してみると登録が早く進みます。

作りたいデザインを選択

様々なデザインから選択できます。

まずは作りたい画像を選択します。Facebook投稿やポスターなど用途によって様々なデザインがあります。もちろん、オリジナルを作りたい方は縦横比のサイズ指定も可能です。

レイアウトの選択

デザインするものが決まったら写真やテキストの位置などのレイアウトを決めます。

テキストや写真などの編集

だいたいのレイアウトが決まったら写真の入れ替えやテキストの変更などを行います。
フォントについては下の図のように様々なフォントから選択することができます。

完成!好みの形式でダウンロード

画像が完成したら画像のダウンロード、また、メールアドレス、SNSでの編集画面の共有ができるのでチームでの編集作業にも利用することができます。

まずはお試しあれ

百聞は一見にしかず、気になる方はまずは使ってみてくださいね!

https://www.canva.com/